だるねこ日記 2冊目

SPARKS GOGOのLIVEレポ&日記

【4月の本】「言い寄る」田辺聖子、「センセイの鞄」川上弘美

4月に読んだ本のメモ

 

「なぜかAmazonのカートに突っ込んだまま放置してある本」を読んでいくということをやっています

「言い寄る」田辺聖子
高校〜大学生の時にわりと読んでいた田辺聖子
もう20年以上読んでない気がしますが、なんでカートに入れたんだろう
2、3年前亡くなった時に書評でも読んだのかな?


あらすじ
大阪のデザイナー乃里子は31歳
ある日親友の美々から「妊娠したけど彼氏が結婚してくれない」との相談を受ける。
相手の男とその友達、4人で会って話をつけることになり…。
という始まり。乃里子は魅力的な女性で恋愛に関してさばけた大人の都会の女って感じ
でも実はおさななじみのナヨっとした五郎が大好きで、彼の前では何も言えなくなる
そんな乃里子の恋模様

 

私はあまり興味ない恋愛ものなんですが、とにかく文章がうまいのにびっくり
会話は大阪弁だし、平易な言葉しか使ってないのに、情景や心情が流れるように頭に入る
大人になって改めて読むと、さすが名を残す人はすごいな〜と思わされる


次々にいい男があらわれ、気軽に恋愛ゲームをして…
バブルの頃のあの恋愛至上主義みたいな時代のお話かな
華やかな時代で景気も良くていいこっちゃ

とか思って、最後に奥付をみたら初出1973年???
50年前の作品??

度肝を抜かれました
50年前といえば、20代前半で絶対結婚、花嫁修行して専業主婦当たり前の時代ですよ?

31歳独身、フリーのデザイナー
男たちと自由に恋愛する女性

これだけでもあの時代斬新すぎる設定ではないですか
しかも内容もスマホが登場しないことをのぞけば、令和でもまったく違和感のない内容
あの時代にこれを書いたのすごすぎる…


主人公の乃里子が魅力的なのは、奔放にみえて、ちゃんと純情は大事にしていること
男に媚びず、ぽんぽん言い返すのになんだか素直でかわいらしいところ
友達にピンチがおとずれた時、ちゃんと大人の対応や手続きができること
つらい失恋をしたのに、当事者たちの前では大人として普通にふるまうとこ

田辺さんもお気に入りの主人公のようで、続編があるようです
読んでみようかな〜

 

センセイの鞄川上弘美

読んで見たらこれも恋愛ものでした

 

あらすじ
37歳の独身女性月子

一人飲みが趣味の彼女は20年ぶりくらいに高校の恩師に再会し、なんとなく飲み友達になる
センセイは30歳年の離れた紳士で、嫁には20年前に逃げられている
上品でユーモアがあり、落ち着いていてお酒が好き
いつも約束するわけでもなく、いきつけの居酒屋で会ったら一緒に飲む感じ
たまには一緒にきのこ狩りに出かけたりもする

内容がすごくおもしろいというわけではないのですが、とにかくこのセンセイがタイプなんです私(枯れ専)
上品で偏屈でおもしろいジイさんがすごい好き
この作品の魅力はそれに尽きますね

後半はわりと予想できる展開で、ラストも予想通りのラストで「まあそうですよね」って感じ
でもそれでいいのだ
もう一度読もうかな

【4月の映画】陰陽師0

今回は友達の希望で山崎賢人の「陰陽師0」
ゴールデンカムイよかったし

 

しかし!!
いやーすごかった

日本映画の悪いところを凝縮して煮詰めたような映画でした
友達がいなかったら開始後10分で見るのやめてた

先月テルマ&ルイーズを見て「いやー映画ってほんとにいいもんですね」って言った舌の根も乾かないうちに「わたしやっぱ映画好きじゃねーわ」と言いそう

金返せ

 

簡単に説明すると原作は夢枕獏陰陽師シリーズ(シリーズ前半はめっちゃおもしろい)
岡野玲子で漫画化もされている(巻数前半はめっちゃおもしろい)
若い頃に何度も読んだな〜

陰陽師」は20年くらい前にも映画化されていて、その時の主役は野村萬斎
映画自体の出来は微妙なとこもあるけど、とにかく野村萬斎が晴明にぴったしで(晴明の母は狐の妖怪なもんで)、後半で萬斎が見事な舞を披露したこともあって悪くはなかった

それを踏まえての今回
どうやら晴明の若い頃の話らしい

 

とりあえず映画がはじまってワーナーのロゴが出た時点で嫌な予感がしたよね

↓ここから悪口しかありません(イヤな人は読まないでね)

陰陽師学校の授業シーンがあるんだけど、現代みたいに小さい机と椅子を寄せて授業
(椅子と机文化って平安時代あったっけ?)

○前に先生が立って黒板にチョーク(ろう石?)で板書する現代的な授業
平安時代に黒板にチョークの概念が?)

○先生の一人が北村一樹なんだけど、陰陽師なのに胸板厚すぎ
検非違使じゃなくて?)

○ていうか物語の中盤に殺人事件が起こるんだけど、北村一輝が出てるのに無関係のわけなくない?

○なんか金の龍が飛び回るシーンがあるんだけど、日曜の朝の戦隊ものみたいなCG

山崎賢人の着物の合わせ目が、裏から安全ピンで止めてるのか不自然

○身分の高い女性(よしこ女王)に会うのに御簾(すだれみたいなやつ)なし。生対面

○よしこ女王の部屋にはなぜかいつも全面に花びらが散らかされている

○よしこ女王は十二単とかではなく、ノースリーブの着物?に打掛みたいなのを羽織るスタイル
平安時代の着物に詳しくないけど、韓国か中国風に見える)

○染谷翔太はなぜか一人だけ冠に安っぽい造花みたいなのを飾ってる

○清水の舞台のような建物で、よしこ女王と染谷翔太が対面するシーン。CGで次々に花が咲き乱れ、レノアか有機ELテレビのCMにしか見えん

○(山崎賢人が出る時点で予感はしていたが)陰陽師なのに1人対大人数の大立ち回り有り

○基本的にストーリーがペラペラ

○とりあえず困ったら9割CGで解決

いやあ、悪口いくらでもでるわ

 

クライマックスシーンは迫り来る巨大龍に向かって呪文を放って対抗する山崎賢人

「なんかこんな感じのシーンどっかで見たな…」とデジャビュを感じていたら思い出しました
何十年前かにあったユン・ピョウと三上博史がW主演の「孔雀王」って香港映画おぼえてます?
あれだよあれ
令和だぜ?今


ここまでヒドイと逆に最後のスタッフロールまで見て、脚本家と監督をチェックしなければ
なになに、監督と脚本家は同じ人か
そうかコイツが悪いわけね
佐藤嗣麻子山崎貴監督の嫁)という人か

OKわかった
これからは絶対この人の映画を見ないぞ

ちなみに俳優陣は淡々とベストを尽くした感じで別に悪いというわけではないです

 

SPARKS GO GO "REBURN! 爆音再燃" CLUB CIRCUIT VOL.2 @大阪

↑すごいでかい保冷バッグ

 

京都に引き続き大阪LIVEです

あいにくの雨
久しぶりのシャングリラ

シャングリラの場所分かりにくくて前回は道に迷ったのですが、グランフロントまで行って、真横に道を横断すれば分かりやすいことに気づいて今回はスンナリ到着

雨の待機つらいべ

 

前回まで白で統一していた衣装ですが、今回は三人黒装束で登場
お兄さんのシャツは白と同じトライバル柄の色違い

テッチは前回よりも髪が短い気が?
白い顎髭をきれいに揃えてオサレ

 

↓↓↓ライブメモ(うろおぼえ意訳版)

 

master mindからの駆けつけ4曲
4曲めはSandy's Sundayで盛り上がって、もはやアンコール終わりの雰囲気

○八熊
「もう真っ白…  4曲で燃え尽きた」
「『ありがとう〜!』って終わりそうになった」

「出てきたら湿気がすごくてびっくりした」

しばしおじさんが水を飲むのを鑑賞する客

○客
「キャー! ひゅー」

○八熊
「ステージのスターを冷やかすんじゃない」

 

○八熊
「シャングリラはいつぶり?」

○客
「てさぐりー」

○八熊
「てさぐりっていつだ?」

「前は控室の窓の外は野っ原だったのに…」
「ビルがガンガン立ってて」
「爆破してやる。キライなんだ」

 

○八熊
「あっ 今日なんか言おうと思ってたの」
「何だっけな」

○兄
「改札で…」

○八熊
「あっ そうそう今日ここへ来るとき、新幹線に乗る前にコーヒー買って」
「切符をこう挟んでエスカレーターに乗ろうとしたら、ベルトのとこに切符が当たってはねとんじゃって」

「探してもないの」
エスカレーターに乗って上まで行ったかなと思って上がってみたけど無くて、また階段を降りて、もう1回見てみたけど無くて…」

「もうこれは駅員さんに言うしかないと思って説明したら」
「駅員さんがに『もう時間がないのでとりあえず乗って、大阪で切符を買ってください。こちらで見つかれば相殺します』って言われて」

「『え〜? 見つからなかったら自腹?』と思ったんだけどとりあえず乗ることにしたら」

「駅員さんがいい人で一緒に着いてきてエスカレーター乗ってさがしてくれて」

「そしたら新幹線の前で『ただいま切符の落とし物が…』と放送してて、俺だー!ってなって」

「その放送している駅員さんのとこに行ったら『どこへ行く切符ですか?』『いつ買いました?』って身元確かめようとするの」

「そしたら着いてきてくれた駅員さんが、彼はもうコッチ側の人間だから、『大丈夫ですこの人です』って言ってくれて…」

「やっぱ日頃の行いだね」

 

めでたしめでたし

 

実は私も今回のライブチケットを無くしたのですわ
しかも大阪と新宿のぶん両方…  大ショック!!

発券して1日半たって気づいて、ダメ元で発券後に立ち寄ったホムセンに行ってみたら、親切な誰かが拾ってサービスカウンターに届けてくれてた〜
きゃー いい人がこの世にいるー!
ホムセンの人は厳重に金庫に保管して置いてくれてた
ありがたや〜

私も善行を積もう
ペイフォワード!

 

セトリは京都とほぼ同じですが、テッチコーナーのGREEDがNO HUMANにチェンジ
あと新曲のタイトルですがワンダーアイランドじゃなくラウンドなんとかと言ってたような…?
わたくし聞き取りは苦手なのです
(このライブメモも超テキトー)

前回も書きましたが、「継続は愛なり」八熊氏めっちゃ気合いのボーカル
なんか「裸になりたい」並の気合じゃない?
否定派の私もみごと調伏
お気に入りなのかなー

 

○八熊
「ちょっと時間があったんで曲を作ってるんです」

「あの写真集についてたアルバムは、バーっと一本で作ってそれをみんなでいろいろ作ったんだけど、今回のは1人でギター弾いて、次はベース入れて、ドラム叩いてってやってんの」
「家だからマイク3本くらいだけ立てて…」

「で、なんかシンバルの音が高いな、と」
「そしたらテッチが『シンバルを埋めたら?』って」
「で、庭に2か月くらい埋めてて、また掘り起こして鳴らしてみたの」
「ぜんぜん変わんない」

○テッチ
「もっと埋めなきゃ」

 

? 土に埋めて錆びたら音が変わるということなんでしょーか
(よーわからん)

 

○八熊
「テッチに誕生日にもらって、シンバルがもう3枚くらいある」
「ジャーンと鳴らして『あっ テッチの音がする』って」
「俺たち仲いいだろ。誕生日プレゼント交換してんの」

 

また新曲書いてるんだ
ずっとコンスタントに曲を作り続けるってすごい
すごいことだよ
解散も休止もメンバーチェンジもなくずっと供給があるってファンもすごいしあわせだね

 

○八熊
「つくづくいい仕事だと思うんだよ」
「いやあまり仕事って思ってないけど」

「こうやってわーっとやってたらお客さんが喜んでくれて」
「いい仕事だな、と」

 

 

アンコール

兄がギターをはずして浦くんに渡す

○八熊
「どしたの?」

○兄
「壊れたから直してもらってるの。優秀な彼がすぐ直してくれる」

○八熊
「(客に)では端から順に生い立ちを話して」

○兄
「…ぼくは1965ねん北海道の倶知安で生まれました」
「いろいろあって今に至ります」

「なおった」

お兄さんはいつもマイペースだなぁ

 

今回もすごくよいLIVEでした
音酔いした〜

シャングリラは久しぶりでしたが、音の響きが良く、ステージが高く、客席は段差がついてて見やすいとこでした

CDとかで安定した音を聴くのもいいけど、やっぱり生音は格別

定期的に爆音を浴びるのは美容と健康に良い!!

 

【3月の本】「出会い系サイトで70人…」「旅をする木」

3月に読んだ本のメモ

●「出会い系サイトで70人と実際にあってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」花田菜々子

タイトルがクソ長いけど、内容はそっくりこのまんまのドキュメンタリー

(たぶん夫に浮気されて)離婚寸前、さらに仕事上の悩みを抱えた30代女性が出会い系サイトに登録する

出会い系といっても色恋だけのものではなく、マッチングした人と「時間とテーマと場所を決めてお話ししましょう」というもの
たとえば「○日○時に新宿のカフェで30分本の話をしましょう」みたいな感じ

いや〜
都会じゃないと成立しないシステムだなぁ

ちなみになぜこの人が本をすすめるかというと、この人は初期の下北沢ヴィレバンの店長で本の仕入れの知識には自信があったため

 

サイトに登録後はガンガン人と会っていく

色恋目当てのサイトじゃなくてもどうにかそっちに持って行こうとする男、なんだか怪しげなビジネスの人、勧めた本にダメ出しする男などいろいろ

でも普段の生活では繋がれないおもしろい人もいっぱい出会っていく

筆者は次第に煮詰まっていた状況から決断を選び、人生がふたたび動きはじめる…

 

スラスラ読めるしなかなかおもしろかった

人生煮詰まり気味で絶望している人や人生に退屈している人には、ある種の打開策の提示だと思う

いろいろな人に会うことによって悩みが薄まったり、意外なところからヒントをもらったり、人との繋がりができたり…

悩んでいる人は「とにかく動いて人に会う」というのはいいかもしれません
まあその分エネルギーも必要とするだろうけど

 

ただなんとなく読後感が良くないのは、この人がサブカルを煮詰めたような女なのでちょっと鼻につくからかなぁ

 

 

 

●「旅をする木星野道夫

さっきと打って変わって清浄な本です

星野道夫さんは有名な動物写真家でわたしは小学校のころから好きでした
図書館でよく動物写真集をながめていたものです

 

ところが星野さんは移住していたアラスカで撮影キャンプ中にヒグマに襲われて亡くなってしまったのでした
まだ43歳でした
当時はショックだったな〜…

 

この本はアラスカに住む星野さんがまわりの人や自然などについて書いたエッセイ

なんというか、アラスカの生活は日本とはなにもかもが違って、すごい体験をしてるのに淡々と冷静で美しい文章なんですよね

遠くに住む親戚の優しいおじさんから手紙をもらってるかのようです

名著と呼ばれるのが分かる気がします

 

なんとなく人生のうちにもう何度か読んだ方がいい気がするので、売ったりせず手元に置いておこうっと

【3月の映画】テルマ&ルイーズ (4K)


3月はほんと見たい映画なくて、マニアックな映画ばかりやってるミニシアターへ

消去法で「テルマ&ルイーズ」という90年代の映画を4Kでリマスターしたものに決定

30年前の映画か〜

でも監督はリドリー・スコットだから期待

 

…結果、大当たり♪

エンドロールが流れたあと「いや〜!映画ってほんとにいいもんですね」って言いそうになった

 

そもそも私は映画があまり好きではないのだ

2時間で起承転結を描くからどうしても物語に無理が出てきやすいし、ドラマチックにするため人の死や暴力、エロを強調しがち

自分のペースで話を追えないしね

本や漫画はマイペースに読めるし、想像の余地が多いから好きなのだが

 

でもこの映画を見て「なるほど映画にする意味ってちゃんとあるんだ〜」と今更ながら思った

スピーディーな展開、明確なテーマの提示、美しい人やファッション、かっこいい車に小粋な音楽、壮大な南アメリカの風景…

見どころいっぱい

こういうのは文字だけだと限界があるよね

2時間で全部体感できるのはすばらしい

 

さて映画の内容はというと、

独身でウェイトレスのルイーズと専業主婦のテルマは友達同士

二人とも30半ばくらいの設定なのかな?(外人の年齢はわからん)

2人は週末に泊りがけのドライブに行く

テルマは横暴モラハラで浮気している夫と10代で結婚して以来、家に閉じ込められ世間知らず

やっとのことでドライブに出発し、立ち寄ったドライブインでハメをはずしてしまいレイプされそうになる

彼女を助けるため男を撃ち殺したルイーズ

2人のトラブルだらけの逃避行がはじまる

 

とにかくテルマの危機管理能力の低さにずっとイライラするのだけど、だんだんたくましくなっていくテルマ

ルイーズは比較的しっかり者だけど過去にトラウマを持つ

正反対の性格だけど旅をしながら2人は友情を深めていく

 

ラストシーンは「あー…そりゃこういうラストになるわな…」という感じ

賛否両論だったそうだけど、私はこれで正解だと思う

ていうかこれが映画というものだと思う

 

劇中、女の友情とともに男社会のクソっぷりが描かれるのだが、正直30年たっても現実はそんなに状況変わってないことにビビる

me too以降少〜しだけマシになりつつあるかもしれんが

この映画でまともな男性は2人だけだったぞ

 

ちなみにクソ男の1人として、デビュー時のブラッド・ピットが出てるのだが、その身体のあまりの美しさに驚いた

ブラッド・ピットになんの興味もなかったけど、なるほどこりゃ世界的スターになるはずですな

 

それにしても90年代のファッションや車のデザインやっぱり好き

無駄が多く貧乏臭くないので見てて楽しい

フォードのサンダーバードで恐竜が出てきそうなユタ州の荒地をかっ飛ばすシーンは爽快じゃ

 

【2月の本】「そうざい料理帖」「違国日記」

2月に読んだ本のメモ


●「そうざい料理帖 巻一、二」池波正太郎

鬼平犯科帳などで有名な池波先生の軽めの料理エッセイ

池波正太郎の時代小説にはしばしば美味しそうな場面が出てくる
鬼平が行きつけの小料理屋で、あさりと浅葱を小鍋で煮て一杯やって、最後はごはんを入れて雑炊にしたりする
マジで美味しそう

池波先生はそれを地でいってるのである
といっても自分で料理するわけではなく、妻に作らせたり銀座へ食べに行ったり
昭和の文豪って感じですなあ
なかなかに亭主関白な場面もあるけど、まあこれは時代ですね
食べたものを日記のように毎日メモしてたり、先生は食べることが本当にお好きなよう

がんばれば1時間くらいで読める内容だけど、昼休みとかに1章か2章ちびちび読んだ

 


●「違国日記1〜11巻(完結)」ヤマシタトモコ(漫画)

ちょっと気になってたので大人買い

35歳独身の少女小説家の槙生(まきお)の姉夫婦が交通事故死した
槙生は死んだ姉とは性格が合わず絶縁しており、死んだ今でも許すことができないほど確執がある
成り行きで1人残されたの女子高生の朝(あさ)を引き取るハメになり、ぎこちない同居生活がはじまる

衝撃的な出来事は冒頭だけで、あとは槙生と朝の生活がすすんでいく

斬新だと思ったのが、中心人物である朝が普通の女子高生なこと

漫画ってやっぱり特別な才能があったり、容姿がすごくかわいかったり、強い意志があったりする子の物語が多いじゃないですか

朝は素直に育てられた普通の子で、その描写がすごくリアル

たとえば

「『両親が死んでいるちょっと特別な子』と思われたくて、初対面の同級生に話してしまう」
とか
「やっとの思いで同性愛を打ち明けてきた幼なじみに対して『そういう友達がいるのってちょっとカッコイイし』」みたいな返しをする
とか

基本的には素直でとてもいい子なのだが、ちょいちょい子供らしいイタさや無神経さがのぞく
でも15歳ごろって一部の大人びた子以外はマジでこんな感じだよね

物語がすすむにつれ、本人らや周りの人の状況や心情が徐々に明かされるのだが、はっきりとは描かれないものも多い

読者はセリフのないコマやわずかな表情から「なぜ姉はあの夫と結婚したのか」とか「夫は朝を愛していたのか」などの疑問の答えを想像する

なんだか漫画というより純文学を読んだあとのような不思議な読後感だった
何度か読み返してみたい

今度ガッキー主演で映画になるらしい
ガッキー=槙生らしいがガッキーがかわいすぎてあまり合ってないような…
槙生は美人だがめんどくさい性格で孤独な狼のような女なのに〜
私のイメージはむしろ「朝=15歳頃のガッキー、槙生=35歳頃の吉田羊」かな